ケトジェニック、はじめました

今まで脂質が多いからと避けていたものたちが食べられる

AOI

昨日から食事内容がずいぶんガラッと変わったけど、どういうこと?

RYOKO

ついに、ケトジェニックダイエットをはじめたのです!

ケトジェニックダイエットとは?

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、一応ケトジェニックダイエットとはどういうものか、整理しておきますね。

色々と文献を見て参考にしましたが、IRON MAN(アイアンマン) 7月号のジェイリー・ブレイナムさんの「栄養科学」でとても分かりやすく解説されていたので、引用させて頂きます。

ケトジェニック・ダイエットの人気が高まってきたのは1920年代のことである。この食事法に人々が注目するようになったきっかけは、幼児のてんかん発作を抑える効果があったからだ。

(中略)

ひとたび肝臓や筋中に貯蔵されているグリコーゲンが枯渇すると、体内では大量のケトン体が作り出される。このケトン体は(中略)脂肪が代謝される際に作り出される副産物である。グリコーゲンから得られるブドウ糖が主要エネルギー源として使えなくなると、身体はこのケトン体を積極的にエネルギー源として活用するようになるのだ。

IRON MAN(アイアンマン) 7月号 p.68 より

つまり、自分の言葉にすると、今まで炭水化物をエネルギー源にしていた身体から、脂質をエネルギー源にする身体に変えていくということでしょうか。(ちょっと色々な身体の仕組みを省きすぎ?)

昨日の食事や後述する今日の食事をご覧いただいて分かるように、昨日からの食事は、脂質が多く、逆に炭水化物をほとんど摂っていません。

「極端なことはしない」と豪語していた私ですが、
・闇雲な糖質制限ではなく、前述の通り医学的根拠に基づいていること
尊敬するボディビルダーの方が取り入れていて「体調がとてもいい」とおっしゃっていたこと
・大会が近づいているのに体重、体脂肪率が停滞気味であること
を考え、ケトジェニックを取り入れることにしました。

PFCバランスは?

ケトジェニックダイエットにも色々ありますが、私が今回実践するのは、たんぱく質:脂質:炭水化物=30%:60%:10%にするというもの。今までの、40%:20%:40%とはだいぶかけ離れた食事なので、ご飯や和菓子、糖質が高めなプロテインやイモ類などは食べられませんが、逆に今まで食べられなかった部位のお肉やお魚が食べられられるし、脂質を多く含むプロテインが飲めたりと、とっても楽しみです。

ケトジェニックな今日の食事

サプリメントはまとめて撮影しましたが、もちろんこれを一気に摂取するわけではなく、朝起きた後、寝る前、トレーニング前後など、タイミングを分刻みに考えて摂取します。
1食目は牛肉と鶏もも肉とブロッコリー
コーヒーにMCTオイル。美味しいです。
間食にはゆでたまご
さらに間食にアーモンド。大好きだけど今まで我慢していたので、嬉しいです。
シメはサバ缶とパプリカ。サバは脂質が多くて今までほとんど食べらなかったのでこれもとっても嬉しいです。

これで、PFCバランスはこんな感じになりました:

AOI

う〜ん、いつもと全然違って新鮮!

RYOKO

「IRON MAN」には「食欲も抑制される」って書いてあったし、最近食欲が爆発気味だったから、身体の変化も楽しみだね!

では、また!

この記事を書いた人

RYOKO (平澤遼子 ひらさわりょうこ) | 株式会社メイファン代表取締役|東京外国語大学卒業 在学中シンガポール国立大学(NUS)留学|1989年生まれ|東京都出身|トレーニング歴25歳から|プロテインマイスター|ゴールドジム東中野東京が好き|身長157cm|めっちゃかわいいブリティッシュショートヘア 男の子の猫ちゃん(AOI)と暮らしています|Instagram(インスタグラム):@ryokomakebody|お問い合わせはこちらから