フードコーディネーターのお仕事について

フードコーディネートって?

私が代表取締役を務めている株式会社メイファンは、フードコーディネートを中心に事業を展開しています。(フードコーディネート以外には、英語と中国語の翻訳のご依頼や美容関係の企画のご依頼もたまにあったり。)

「お仕事は何されているんですか?」と聞かれると、大体「会社を経営しています。」と答えるのですが、
「何の会社ですか?」と聞かれて、「主にフードコーディネートをやっている会社です。」と答えると、具体的に何をしているのかイメージ出来ない方が98%ぐらいです。

説明しようとしてもうまく伝わらないことも多く、著作権などの観点から作品をアーカイブ化してネット上にまとめてご覧頂くことも難しいので、結局何をやっているのかよく分からない人という感じで終わってしまいます。

なので、弊社における「フードコーディネート」のお仕事について、解説する記事を書いてみようと決めました!
ご興味がある方は、ぜひご一読下さい。

お仕事の流れ

主なクライアント様は、食品を扱っている企業様・代理店様・出版社様・制作会社様です。

「この商品(食品)を使ったこういう写真を撮りたい」「こういう企画をやりたい」という企業の方にご依頼を頂き、打ち合わせをし、ご要望に応じてイメージに合った小道具(食器やテーブルクロス、天板、植物など)と、必要な食材を調達し、撮影現場(キッチンスタジオなど)に向かいます。

撮影現場では、調理・盛り付け・小道具のセッティングを行います。
クライアント様の立会いのもと、カメラマンの方に撮影して頂き、盛り付けの微調整をしながら作品を完成させます。

ご予算は、撮影の内容によって異なるので、打ち合わせ時にご相談頂きます。

写真の掲載媒体

新商品のパッケージ写真や商品カタログ、雑誌のレシピ企画やWebマガジンの企画、映画やドラマの撮影など、挙げればキリがなく媒体は多岐に渡りますが、柔軟に対応させて頂きます。

レストランのシェフの方が調理される企画などの場合は、私たちは調理はせず、企画のイメージに合った食器などをご用意させて頂く、いわゆる「スタイリングのみ」のお仕事もお受けしております。

その他

色々な媒体に掲載するレシピの作成も行っています。
例えば、新商品を使ったアレンジレシピを何点か作成し、場合によっては弊社で簡単な写真を撮影して納品させて頂くこともあります。

また、出来上がっている商品などを盛り付け直して撮影する現場などもありますし、映像作品の撮影をすることもあります。

ちなみに

小さな会社ですので、経理(請求書の作成から送付・経費関連のとりまとめ)・撮影を助けてくれるスタッフへのギャランティの振込・税理士様や司法書士様との打ち合わせなどなど事務作業も自分でやっています。なんなら自分のお給料も自分で振り込んでいます。

オフィスのワークスペース

最後に

どんなお仕事か、少しはイメージして頂けたでしょうか?

いわば、食に関する「なんでも屋さん」。
もし、「食べ物の写真が撮りたいけど美味しそうに撮れない…何をどうしたら?」とお悩みビジネスパーソンの方がいらっしゃいましたら、このブログのCONTACTより株式会社メイファン RYOKOまで、お問い合わせください。できるかぎり、対応させて頂きます。

ボディメイクに励みながら、こんなお仕事をしています。
そんな訳で、今後も株式会社メイファン RYOKO共々、東中野ボディメイク日記もよろしくお願いします!

この記事を書いた人

RYOKO (平澤遼子 ひらさわりょうこ) | 株式会社メイファン代表取締役|東京外国語大学卒業 在学中シンガポール国立大学(NUS)留学|1989年生まれ|東京都出身|トレーニング歴25歳から|プロテインマイスター|ゴールドジム東中野東京が好き|身長157cm|めっちゃかわいいブリティッシュショートヘア 男の子の猫ちゃん(AOI)と暮らしています|Instagram(インスタグラム):@ryokomakebody|お問い合わせはこちらから