はじめよう、腸活 〜前編〜「納豆×キムチ」

ダイエットに欠かせない腸活!簡単に言えば、腸内環境を整えること。

腸内環境を整えることとダイエット、どう関係があるのか…?
お腹の調子を整える→身体が余計な脂肪を溜め込まなくなる→痩せやすい身体になる!
という訳で、腸内環境を良くすることはダイエットにとっても大事なんです。

私は最近まで、腸内環境が最悪でした。
お腹の調子が悪すぎて、1日に何度もお腹を下していたほど。
お酒を飲むのをやめたのはもちろん大きいと思いますが、あと2つ、あるものを取り入れたのをきっかけにバツグンに腸内環境が良くなり、ダイエットにも徐々に効果が出てきたように感じます。

腸活と納豆キムチ

今日はまず、「ある2つのもの」の1つ目をご紹介します!
このブログに何度も登場しているこの組み合わせ!

そう、納豆キムチ

納豆もキムチも発酵食品で、お腹に良いイメージがあるかと思いますが、この2つを合わせて食べることで、キムチが納豆菌を食べて増殖することから、相乗効果があるのです。

しかも、納豆にはたんぱく質が多く含まれているので、腸活にはもちろん、筋トレ中にもぜひ取り入れたいですね◎特に、私がいつも食べている、金のつぶ たれたっぷり!たまご醤油たれは、たれがたまご醤油なのでさらにたんぱく質アップでおすすめです!

朝から玄米に納豆キムチをオン!

玄米&雑穀米&もち麦・納豆キムチ・高菜漬けとちりめんじゃこ・なめこのお味噌汁・青汁
335kcal / たんぱく質17.6g / 脂質8.9g / 炭水化物47g

ごはんはいつも通り80gです。
前述の通り、納豆キムチ。玄米にも相性が良いのと、キムチの歯ごたえの良さが満腹感を増してくれます!

そんな今朝はちょっと嬉しい結果が:
・体重42.0kg(前日比-0.3kg)
・体脂肪率22.9%(前日比-0.2%)
・基礎代謝1023kcal(前日比-5kcal)
基礎代謝は落ちてしまいましたが、体重と体脂肪率も落ちました!

でも、単純に昨日炭水化物が少なかったせいなだけかもしれないので、油断はできません。

という訳で、今日もいつもの腹筋3種目(アブドミナルクランチ・ロータリートルソ・下腹の腹筋をそれぞれ3セットずつ)と、5km/h 傾斜率5%でウォーキングを30分行いました。で、これもいつもの流れでWHEYプロテイン(113kcal / たんぱく質25g / 脂質0.2g / 炭水化物2.8g)を飲みました。

ランチでさらにたんぱく質チャージ!

ステークアッシュ フルーツトマトとクレソンのサラダ添え
273kcal / たんぱく質22.3g / 脂質17.6g / 炭水化物4.6g

牛赤身のひき肉(100g)に塩こしょうで、ステークアッシュ。粒マスタードがきいて美味しかったです。
クレソンもたっぷり40g頂きました!

夜はいつものお魚で〆る

白身魚の酸辣汤(サンラータン)・ひじきとミニトマトのガーリック炒め
348kcal / たんぱく質28g / 脂質19.1g / 炭水化物14.3g

さわらの切り身を焼いて、一口大にほぐして器に入れ、刻みねぎとしょうが、しめじを炒めて、中華スープと豆腐を加え、煮立ったら溶き卵を回し入れ、ニラ・香菜をプラス。器にスープを入れたら完成です!
さわらのこんがり感がスープと混ざることで際立って美味しかったです。

となり、合計1069kcal / たんぱく質92.9g / 脂質45.8g / 炭水化物68.7gでした!
脂質が少し多めですが、調理にオリーブオイルやアマニオイルを使い、オメガ3とオメガ6で良質な脂質が摂れていると思うのでよしとしましょう。

明日は腸活の後編をお届けします!
納豆キムチの他に腸活のために取り入れたものとは…?

では、また!

この記事を書いた人

RYOKO (平澤遼子 ひらさわりょうこ) | 株式会社メイファン代表取締役|東京外国語大学卒業 在学中シンガポール国立大学(NUS)留学|1989年生まれ|東京都出身|トレーニング歴25歳から|プロテインマイスター|ゴールドジム東中野東京が好き|身長157cm|めっちゃかわいいブリティッシュショートヘア 男の子の猫ちゃん(AOI)と暮らしています|Instagram(インスタグラム):@ryokomakebody|お問い合わせはこちらから