ダイエットに嬉しい効果12スパイスの筋肉カレー

スパイスには、代謝アップや発汗作用など、ダイエットに嬉しい効果がたくさんあります。
今回は、何気なく料理に使っているにんにくやしょうが、黒こしょうなどのお馴染みのものから、カルダモンや八角、フェネグリークなど凝った料理に使うイメージのものまで、12種類のスパイスの効果をまとめてみたいと思います!

早速こちら(並びは馴染みのありそうな順番で):
1) にんにく:お腹の調子を整える・疲労を回復してくれる
2) しょうが:発汗作用・血行の促進
3) 黒こしょう:代謝アップ
4) シナモン:発汗作用
5) パプリカパウダー:代謝アップ・血糖値の調整
6) チリパウダー:身体を温める・脂肪燃焼効果
7) コリアンダー(香菜・パクチー):血行の促進
8) クミン:消化の促進・脂肪燃焼効果
9) ターメリック(ウコン):消化の促進・美肌効果・むくみ改善
10) 八角(スターアニス):身体を温める・お腹の調子を整える
11) カルダモン:体脂肪減少・代謝アップ・お腹の調子を整える
12) フェネグリーク:脂質の代謝促進

いかがでしょうか!馴染みのあるものから普段の料理にはなかなか取り入れないものまで様々ですが、どれもダイエットに嬉しい効果が期待できそうです。

12スパイスすべて使った筋肉カレー

鶏むね肉のスパイスカレー ピクルス添え・玄米&雑穀米&もち麦・クミンティー
446kcal / たんぱく質31.7g / 脂質8.5g / 炭水化物61.5g
(全部で80gのごはん・お皿に盛ったピクルスも合わせたカロリー&栄養素です。)

玄米とピクルスにも相性抜群のカレーは、鶏むね肉100gでたんぱく質たっぷり!
煮込むタイミングでバナナをたくさん入れたので炭水化物は多くなってしまいましたが、その分食物繊維も摂れたと思います。また、スパイスカレーは油の量を調節できるので、脂質が抑えられます。

消化の促進・脂肪燃焼効果が期待できるクミンティーは、お湯にクミンシードを入れて常温に冷ましたシンプルなもの。常温が一番美味しいと言われているので、カレーを作る前に先にクミンティーを淹れておくのがおすすめです。こちらもカレーにめちゃ合います。

カレーの詳しいレシピはこちらを参考にしてみて下さい!

材料(作りやすい分量)

鶏むね肉…300g
玉ねぎ…240g(1個)
トマト…225g(2個)
にんにく…12g
しょうが…18g
紅花油…大さじ3
水…1カップ

<ホールスパイス>
カルダモン…6個
シナモンスティック…1本
八角…1個

<パウダースパイス>
コリアンダーパウダー…大さじ1
クミンパウダー…小さじ1
チリパウダー…小さじ1
パプリカパウダー…小さじ1
フェネグリークパウダー…小さじ1
ターメリックパウダー…小さじ2
塩…小さじ1

ヨーグルト…150g
マーマレード…小さじ2
しょうゆ…小さじ1
バナナ…200g

黒こしょう、塩…少々

作り方
1. にんにく、しょうがをみじん切りに、鶏むね肉は一口大に切り、玉ねぎは薄切りに、トマトはざく切りにする。
2. 深めのフライパンに紅花油を熱し、ホールスパイスを炒める。プチプチしてきたら、にんにくとしょうがを加え、香りが立ったら玉ねぎを加えてきつね色になるまで炒める。パウダースパイスを入れて絡め、粉っぽさがなくなったらトマトを加え、ペースト状になるまで炒める。
3. ヨーグルトを加えて混ぜ、鶏肉を加える。鶏肉の表面に火が通ったら、水を入れて一煮立ちさせ、バナナ・マーマレード・しょうゆを入れて、バナナをつぶしながら弱火で20分煮込む。
4. 仕上げに黒こしょう・塩で味を整える。

あくまで個人的な意見なのと、全ての料理に言えることかもしれませんが、スパイスカレーを作るときは、まず材料を全て揃え、スパイス・調味料を全て計量して入れる順番に小分けにしておき、包丁を使う材料は全て切っておくと、テンパらずに作れます。あと、「こげちゃう!」と焦ってしまうときは、火を止めちゃえば解決です。

抑えめ朝ごはん

ゆでたまご・オイコスヨーグルト・フルーツ・青汁
221kcal / たんぱく質18.9g / 脂質5.7g / 炭水化物24g

たんぱく質たっぷりのオイコスには半分ずつ、それぞれドライブルーベリーとドライマンゴーを前の日の夜から漬けておきました。他にりんご・キウイもトッピング。ゆでたまごでさらにたんぱく質アップです!

さて、そんな今日は
・体重41.9kg(前日比-0.3kg)
・体脂肪率22.5%(前日比+0.3%)
・基礎代謝1022kcal(前日比-10kcal)
体重が落ちたことで、基礎代謝も下がってしまいました。体脂肪率も昨日よりは上がってしまいましたが、22%台をキープ出来て良かったです。

この調子で体脂肪をガンガン燃やすべく、アブドミナルクランチ・ロータリートルソ・下腹の腹筋を各3セット5km/h 傾斜率5%でウォーキングを60分行いました。そして、いつものWHEYプロテイン(113kcal / たんぱく質25g / 脂質0.2g / 炭水化物2.8g)とグルタミンを摂取。

ランチは鶏むね肉のスパイスカレー、おやつにぶどうをちょこっと2粒10g(6kcal / たんぱく質0g / 脂質0g / 炭水化物1.6g)食べました。

明日はこどもの日!夜はかつおのたたきで高たんぱくディナー

かつおのたたきサラダ・豆腐キムチ・三つ葉のおひたし
247kcal / たんぱく質33.9g / 脂質8.4g / 炭水化物7.1g

またまた、にんにくの登場。整腸効果と疲労回復効果に期待です。にんにくをローストしたごま油でかつおのたたきを和え、セロリ・長ねぎ・玉ねぎ・みょうがと合わせました。

以上で、合計 1033kcal / たんぱく質109.5g / 脂質22.8g / 炭水化物97gとなりました。
カロリーは基礎代謝が下がった分少しだけオーバー気味、炭水化物も多めになってしまいましたが、その割には脂質は抑えられ、たんぱく質もたっぷり摂れました。60分のウォーキングとスパイスの効果を信じましょう!

12スパイスを使った鶏むね肉たっぷりの「筋肉カレー」。すごく美味しかったので、ちょっと手間はかかりますが、ぜひお試し下さい!
あと、明日はこどもの日。「かつお」=「勝男」とも書けることから、立派な人に育つようにとかつおを食べる、という風習もあるなんて聞いたこともありますので、かつおのたたきサラダもヘルシーでおすすめです!

最後に、尊敬するなかやまきんに君さん、ボディビル大会優勝おめでとうございます!そのストイックさ、永遠の憧れです。

では、また!

この記事を書いた人

RYOKO (平澤遼子 ひらさわりょうこ) | 株式会社メイファン代表取締役|東京外国語大学卒業 在学中シンガポール国立大学(NUS)留学|1989年生まれ|東京都出身|トレーニング歴25歳から|プロテインマイスター|ゴールドジム東中野東京が好き|身長157cm|めっちゃかわいいブリティッシュショートヘア 男の子の猫ちゃん(AOI)と暮らしています|Instagram(インスタグラム):@ryokomakebody|お問い合わせはこちらから