しょうがを発酵させて美味しく脂肪燃焼!美肌作用も!作り方と食べ方

「発酵しょうが」を作ってみよう

AOI

これはまだ発酵前の状態だね?

RYOKO

おっしゃる通り。発酵させる前に撮った写真だよ!

発酵しょうが」に出会ったのは、お仕事である雑誌の企画のフードコーディネートをさせて頂いたのがきっかけ。それ以来、自宅でも色々な料理に活用するようになりました!

しょうがは、用途によりますが、みじん切り・すりおろし・千切りをそれぞれ作っておくと便利。それぞれ切ったりすりおろしたりしたら、きちんと煮沸して乾燥させたビンに詰め、冷蔵庫で2週間置くだけ(ときどき回転させて)で出来上がりです。切るのとすりおろすのと、ビンを煮沸する作業は必要ですが、まとめて作っておくと重宝します。
特に私は、カレーを結構な頻度で作るので、いちいちすりおろしたりみじん切りにしたりする代わりに発酵しょうがを使うととっても楽です。他にも色々なところで活用できます。

2週間冷蔵庫に置いて発酵させたもの

見た目にはさほど変化はありませんが、旨味がとっても上がり、香りも立ちます。しょうがには脂肪の吸収を抑えてくれる働きがあるので、ダイエットにも嬉しいですね!また、しょうがに含まれる「ショウガオール」には、紫外線による肌のダメージを緩めてくれる効果もあるので、これからの季節にぜひ取り入れたいです。

今日はこの発酵しょうがを、朝・昼・夜と食事に取り入れてみました!

定番ボディメイク朝ごはん

朝から盛りだくさん!発酵しょうがは、大好物のなめこのお味噌汁に入れました。香りが立って美味しさがプラスされました。最近ハマっている炒り卵と、納豆でたんぱく質アップ。いつもの青汁も忘れずに。

そんな今朝の測定値は、そんなに大きくは変わらずでした:

午前中のおやつ

お昼前の小腹対策とたんぱく質補給に、inバー!脂質の低いグラノーラ美味しくて素晴らしい。

ランチのダブル主演はしょうがと豚ヒレ!

発酵しょうがを使って、豚ヒレ肉をしょうが焼きに!発酵しょうがはもちろん、黒酢がアクセントになってくれてとっても美味しかったです!野菜も沢山摂れました。

トレーニング前後のおやつ

今日もトレーニング前に少しお腹に入れておきたかったので、クリーム玄米ブランを1枚だけ食べました。このパックに2袋入っているのですが、その1袋分の、さらに半分で我慢しておきました。

今日は軽トレで、アブドミナルクランチ・ロータリートルソ・下腹腹筋5km/h 傾斜率5%でウォーキング30分。そしていつものWHEYプロテイン30g(113kcal / たんぱく質25g / 脂質0.2g / 炭水化物2.8g)とグルタミン摂取。

夜はいつものお魚

今日のお魚は鯛の粕漬けです!発酵しょうがはもずくとみょうがにトッピング。しょうががピリッと良い味を出してくれました!

以上で合計 973kcal / たんぱく質94.9g / 脂質27.6g / 炭水化物93.7gとなりました。脂質が昨日より多めになってしまいましたが、カロリーはなんとか基礎代謝内に抑えられました。昨日はハードにトレーニングしたからよかったのですが、今日は軽めの自主トレだったので、明日の結果がちょっと怖いですね。発酵しょうがの脂肪吸収抑制効果に期待しましょう!

AOI

明日は月イチのあれに行くんでしょ?

RYOKO

そうだよ〜!明日はどんな感じかなぁ?感想、報告するね!

では、また!

この記事を書いた人

RYOKO (平澤遼子 ひらさわりょうこ) | 株式会社メイファン代表取締役|東京外国語大学卒業 在学中シンガポール国立大学(NUS)留学|1989年生まれ|東京都出身|トレーニング歴25歳から|プロテインマイスター|ゴールドジム東中野東京が好き|身長157cm|めっちゃかわいいブリティッシュショートヘア 男の子の猫ちゃん(AOI)と暮らしています|Instagram(インスタグラム):@ryokomakebody|お問い合わせはこちらから